2017年6月8日木曜日

2017 Windows 10 Mobile の今後

Microsoft Lumia が販売を終了してしばらく経ちますが、今後 Windows 10 Mobile はどう進化していくのでしょうか。
HP Elite x3 など同 OS を採用した端末はいくつか販売されていますが新機種の発表はしばらくない状態が続いています。

とはいえ、基本的に OS のアップデートは定期的に行われていますし、Insider Preview の誤配信(参考)からも積極的な変更が加えられていることが分かります。

そもそも、Windows 10 Mobile は基本的に数ある Windows 10 シリーズの1エディションという位置づけなので Windows 10 全体の進化が(アップデート時期のズレはあれど)Mobile の進化とイコールになります。

Windows 10 Mobile では OS のコアがデスクトップ版とほぼ共通化されていますが、今後はUI 等、さらに同一化を図っていくようです。

さらには Universal Windows Platform (UWP) という Windows 10 シリーズ共通のアプリ実行環境が搭載されているので(開発者がデバイスのターゲットを絞っていない限りは)Mobile での実行も可能です。その UWP の盛り上がり次第で Mobile のアプリが増えていくかどうかが決まります。Microsoft が PC やタブレットの方を積極的にアピールし Mobile を放置しているように見えるのも『まずは PC の Windows 10 からアプローチし UWP アプリを拡充していく』という戦略のためです。

Surface Phone

Microsoft のナデラ CEO が発した『究極のモバイル端末』や『スマホに見えない電話』というワードから想像される端末はこの Surface Phone ですが、もし Surface ブランドとして開発されるのであれば、これまでの Surface シリーズの特徴から考えるとハードウェア的に拡張性を持ったデバイスになると予想できます。

Nintendo Switch のようにコントローラを付けてゲーム機に変身させるとか、無難な発想であれば Surface ペンDial に対応するといったところですが、敢えてPhone サイズで出すとなれば Surface Pro や Book には無い何かモバイルらしいメリットを活かした端末になると考えられます。

2016年11月15日火曜日

windows 10 の新しい 3D 機能

Windows 10 Creators Update で 3D 機能が強化されます。

ポイントは以下の3つです。
  1. Paint 3D で 3D を簡単に作成できる。
  2. 立体物を撮影し 3D データとして PC に取り込める。
  3. Microsoft Edge や Micorosoft Office で公開、共有も簡単にできる。
Microsoft が提供するWindows 10、Windows 10 Mobile、Microsoft Edge でどのような 3D 活用法があるのかを見ていきます。

Windows 10

Paint がバージョンアップで Paint 3D に。
3D データの作成、書き出しや出力ができ、現実の立体物を撮影し Paint 3D に取り込むこともできるようになります。

作成したデータは「Remix3D.com」での公開、また
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
などの Microsoft Office 製品は 2017 年アップデートで 3D データの扱いが可能になります。

Windows 10 Mobile

3D として立体物をキャプチャするために Windows 10 Mobile スマートフォンを利用します。
すでに現実に存在する立体物はこの方法で 3D として PC 上に取り込むことが可能になります。


Microsoft Edge

Web 上で 3D を実現するための機能に WebGL というものがあります。これは Web 標準といわれる仕様の一部ですが Microsoft Edge がそれらの仕様をフルサポートする(しようとしている)のはこいうった 3D 機能等を Windows という閉じた世界だけでなく、全環境、全世界で活用するためでもあります。
Windows 10 で 3D を作るのが簡単になり、それを Web 上に公開するのもまた簡単にできるようになります。

また、Microsoft Edge で表示された 3D データは HoloLens を使って Web ページから取り出し、部屋の中に置いてみるという事もできるようになります。

Windows 10 Creators Update は、クリエイターによって作られた創作物を世界に発信する(文字通り)窓口になるというわけです。

2016年11月12日土曜日

Windows 10 Mobile で radiko (ラジコ) 『Radician (ラジシャン)』

radiko を Windows 10 Mobile で聞くことのできるアプリです。
タイムフリーのみ対応、過去一週間分の番組を聞くことができます。
Windows 10 Mobile のみ対応、Windows 10 は非対応のアプリです。

2016年11月5日土曜日

2016年10月の Web ブラウザシェア

ブラウザ戦争が起きてから早十数年。あまりブラウザがどうのこうのと言われることが少なくなってきましたが、現在の Web 環境における Web ブラウザのシェアがどうなっているか外部のサイトで調べてみました。

デスクトップ環境

まずはデスクトップ PC の環境です。かつての主な Web 閲覧環境ですが、現在でも軽視できないマーケットではあります。

OS のシェアは Windows が圧倒的です。相変わらず90%以上のシェアを占めています。それを踏まえて、以下の Web ブラウザシェアを見ていきます。

Google Chrome が圧倒的で55%、一時期勢いのあった Mozilla Firefox は11%です。Windows 8.1 まで標準の Internet Explorer は23%、windows 10 標準の Microsoft Edge が5%で、IE と Edge を足すと28%になります。

つまり、Windows に Chrome をインストールして使っている人が多いということになりますね。Chrome は色々なところでインストールを促してきますし、適当に操作していたらインストールされて標準ブラウザに設定されたためにそのまま使うことになったパターンもあり得ます。

他には Google の Web サービスや Android との連携が便利なために好んでインストールし利用するユーザーも多いでしょう。

Web ブラウザという存在を知った PC 中級者の人や Web ブラウザというジャンルに興味をもっている人は積極的に Web ブラウザをインストールし試す傾向もありますのでそれでもっとも扱いやすかった Chrome に落ち着いたというパターンも考えられます。

Edge のシェアが低いのは Windows 10 がまだ Windows 7 に比べてシェアが低いこと、さらに UWP 化したことで UI 周りが完全な新規開発になったことにより機能が貧弱になり使い勝手が IE より悪化したことにあると思われます。

モバイル環境(スマートフォン+タブレット)

次にモバイル環境です。こちらの方が今はユーザー数が多いといいますか、Web 閲覧環境の中心にあるかもしれません。

世界的にみると、Android が圧倒的で69%、iOS は26%になります。Windows Phone は約2%ですね。それを踏まえた上で Web ブラウザのシェアを見ていきます。


当然のごとく Chrome が圧倒的で54%を占めています。多少の誤差などはありますが、デスクトップ環境と違い OS のシェアがそのままブラウザのシェアと考えてもよさそうです。日本では iOS のシェアが高いので、Safari と Chrome のシェアは逆転しているかもしれませんね。

Micorosoft Edge はかなり苦戦を強いられているようです。デスクトップ環境では Chrome に取って代わられていること、モバイル環境ではそもそも Windows 10 Mobile のシェアが低いことによります。しかしブラウザとしての性能を司るレンダリングエンジンはかなり洗練されていて Apple Webkit との互換性も重視して開発されています。なので、モバイル環境においても iOS の Safari とほぼ同じページが見られますので、Windows Phone 7 時代の『デスクトップ向けのページが表示されてしまう』という現象は殆どなくなりました。

現在はデスクトップ版のみですが Windows 10 Anniversary Update により拡張機能も搭載され、少しずつ使えるブラウザに進化しています。

Windows 10、Windows 10 Mobile と共にその成長を期待していきましょう。

2015年11月28日土曜日

EveryPhone & Windows 10 Mobile 購入レビュー

ヤマダ電機オリジナルスマートフォンの EveryPhone を購入したのでレビューです。

購入したのはブラックのモデルです。パッと見、iPhone のようなデザインをしています。しかし全体的にプラスチック部品で構成されているため実物は非常に安っぽいです。しかし、大きさの割に非常に軽いです。音質は音割れするのであまり良い方ではありません。それからコルタナの音声入力はマイクの性能が良くないのか、かなりマイクに近づいてハッキリと発音しないと聞き取ってもらえません。

防水仕様ではないみたいですが、端子のキャップには水の侵入を防ぐゴムのようなものが付いています。

SIM は IIJmio を同時に購入しました。こちらは docomo 回線を利用しているのでデータ通信の品質は非常に良いです。高速通信と低速通信を切り替えられるみおぽんですが、Windows Phone 向けに同等の機能を持ったアプリ「Mio Switch」等を利用することができます。 

OS の全体的な使用感

OS 自体の触った感じは非常に軽くスルスルと動きます。設定類も PC 版の Windows 10 と近いので迷うことも少ないと思います。

アプリについて

現時点では主要なアプリはいくつか揃っています。

  • Microsoft Office Mobile
  • Twitter (2015年12月1日時点では Windows Phone 8 向けと同じもの)
  • LINE(2015年12月1日から使用可能。Windows Phone 8 向けと同じもの)
  • Amazon
  • Shazam 等々…

Microsoft Edge のバージョンは 25.10586.0.0。
EdgeHTML は 13.10586。
Windows PC 向けと同じバージョンですが、スペックが原因か、チューニングの問題か、PC版よりはややカクつくように感じられました。

メッセージングアプリは SMS と Skype のみ、Windows Phone 7.5 の頃に利用できた Facebook チャットは使用できません。

割高感と少々安っぽい質感以外は良い出来だと思うので、Windows Phone が気になっている方はヤマダ電機に行って触ってみることをお勧めします。アプリはこれから増えていくと思いますので、思い切って購入してみるのもアリかもしれませんね。

2015年11月26日木曜日

増えてきた Windows Phone

私がこれらの中で特に注目しているのは geanee と EveryPhone ですが、詳細が分かっている EveryPhone を詳細を取り上げてみます。

http://www.yamada-denki.jp/service/everyphone/

Every Phoneスペック

OS
Windows 10 Mobile
CPU
Snapdragon 410 1.2GHz
ディスプレイ
5.5インチ
解像度
720×1280(267dpi)
RAM
2GB LPDDR3
ストレージ
32GB
テザリング
最大8台
通信機能
FDD-LTE:Band 1(2100MHz)・Band 3(1700MHz)・Band 19(800MHz) 下り最大150Mbps/ 上り最大50Mbps
W-CDMA:Band 1(2100MHz)・ Band 6(800MHz)・Band 19(800MHz)
GSM*8:1900MHz・1800MHz・900MHz・850MHz
Bluetooth®
Bluetooth® 4.0(A2DP/HFP/OPP 対応)
無線LAN
IEEE 802.11 b/g/n 対応
外部インターフェイス
MicroUSBポート x1
microSIMスロット x1
microSD x1(最大64GB)
マイク&ヘッドホンコンボジャック x1
質量
約138.6g ( 付属品を含まず)
外形寸法
( 縦×横×厚さ) 154.8mm×78.6mm×6.9mm
バッテリー
容量:2,600mAh
カメラ
背面:1300万画素 /Dual-Flash / オートフォーカス搭載
前面:500 万画素
GPS
GPS / A-GPS
センサー
照度&近接 / 加速度 / 電子コンパス

ハイスペック・・・と言っていますが、CPU 以外は確かにハイスペックかもしれません。デザインなどは非常に良いと感じますが、価格設定が 39,800円とやや割高に感じます。少し価格が上がっても Continuum 対応であればかなり魅力的な端末になると思いますがどうでしょうか。しかし、普通にスマホとして使うには十分かもしれませんね。

今発表されている機種では Jade Primo と NuAns NEO を除き、いずれも Continuum は利用できないようです。  

2015年10月24日土曜日

Windows 10 で今後できるようになること

Microsoft の Windows 10 は個々の機能や特徴を見ても面白いものが多いですが、それらが一貫した戦略のもとにあるものだと考えるとさらに Windows への期待が高まるかもしれません。

ではまず、Windows 10 の注目の機能、特徴、展開を見ていきたいと思います。

Windows Universal Apps

Windows Universal Apps とはデバイスの画面解像度や搭載するプロセッサのアーキテクチャが違っても Windows 10 が搭載されていれば全てのデバイスで利用可能なアプリです。これは画面サイズの違いを吸収する設計をすればどんなデバイスにも対応できることになります。Windows Phone でも Windows PC でも Xbox でも、同じアプリが動くという事は既に知れ渡っている通りです。

Windows Bridge

これは Windows 10 そのものの機能ではないのですが、Android や iOS 向けのコードを再利用し Windows 10 向けにアプリを開発できるようにする機能です。これはアプリ開発者の協力が必要になりますが、他のプラットフォームと同じものを Windows 10 にも提供できるようになります。他のプラットフォームでできることは Windows にもできるということです。

Microsoft Edge

Internet Explorer に代わる Windows 10 の新ブラウザ、Microsoft Edge では、Google Chrome や Firefox 向けの拡張機能をそのまま利用できる予定です。これは Windows Bridge が目的とする所に似ています。最終的には、iOS デバイスや Android デバイスを殺すことなく Windows 10 デバイスにもシームレスにユーザーを移行させることが可能になります。

Continuum for Phones

Continuum for Phones とは、Windows 10 Mobile スマートフォンを PC モニターに接続すると、デスクトップ OS として操作が可能になる機能です。これが今後 Windows 10 でできるようになることに直接関係しています。

Windows 10 で今後できるようになること

これらの機能は Microsoft が掲げる「Windows 10 をすべてのデバイスで」という戦略の延長線上にあるものだと言えると思います。現状では各デバイスに個別の Windows 10 がインストールされている、もしくはそうなることを目的としている状況ですが、スマートフォンというひとつの中心となるデバイスが、接続された機器によって色々なデバイスへと姿を変えるという形へと変化していくのではないでしょうか。

まずは Windows Phone を PC モニタに接続し、PC として使えるようになります。ここで Windows Universal Apps の「画面サイズの違いを吸収する設計」が活きることになります。

今後 Windows Phone と接続することを目的としたポータブルディスプレイが出てきたとして、Continuum が無線で使えればスマホを鞄にしまったままそのディスプレイを操作して、タブレットとして使うことができるようになります。

テレビに接続されたスマホとゲーム用のコントローラがあればゲーム機にもなります。

デスクトップ、タブレット、ゲーム、テレビなど、基本的にディスプレイのサイズが違うだけで、機能的に Windows Phone で実現できるものはスマートフォン+ディスプレイ+入力機器で実現されていくと予想できます。スマートフォンより大きなマシンパワーが必要なものに関しては今後も専用のマシンが生き残っていくのでしょう。